BE:FIRSTの新曲Bye-Good-ByeMVがBTSのマネと言われてしまう理由について調査

BE:FIRST(ビーファースト)のセカンドシングル「Bye-Good-Bye」(バイグッバイ)が、「ZIP!」の朝ドラマ「サヨウナラのその前に Fantastic 31 Days」の主題歌 になり、3月7日にMVが公開になりました。

こちらのMVがBTSっぽい、BTSのマネ?似てる!といわれる理由についてTwitterの口コミをもとに調査しました。

コレオグラフがBTSと一緒

thequickstyleインスタより

コレオグラフを担当しているのが、ノルウェーの振り付け師の、Quick Styleという3人組のクルーです。

Quick Styleのインスタストーリー▽

https://www.instagram.com/stories/thequickstyle/2788628196309523548/

Quick Stileというコレオグラファーは、BTSの「SaveMe」、「血、汗、涙」、「Boy With Luv」を手掛けた方々です。

髪色や雰囲気・色合いが似ている?

BE:FIRST公式より

カラフルな髪色や、カラフルな感じ、パステルカラー、MVの色味などがなんとなく似ていると言われる理由のようです。

Twitterの口コミを調査

ダイナマイトのMVと似ているという口コミがありました。

さきここVoiceのさきこさんの見解

さきこさんは東京でボーカルトレーナーをされている方です。

的確なリアクションと、愛のあるコメント、引き込まれる話し方で人気なんです。

そんな、さきこさんのYouTubeで「Bye-Good-Bye」のMVのリアクション動画があがりました。

K-POPをたくさん見ているさきこさんが、MVを見て感じたことをコメントしています。

K-POPみたいだねとあまり言われたくはないと思うけど・という前置きをしたあと、真剣に、たくさんそのことについて話してくれました。

MVの色味について

ピンクからパープルのグラデーション、パープルからブルーのあたりや、カラフルな感じ、パステルの色味などを見て、さきこさんはK-POPで使われている色を、積極的に使っていると感じたようです。

K-POPの真似ということについて

ちゃんと彼らに実力があって、ちゃんと彼らの技術でこの楽曲を歌いこなそうとしているから、「真似してるねー、参考にしたんだねー。」みたいな感覚にはなってなくて

ジャパニーズのグローバルってこうなんだなってのを初めて感じたそうです。

特にこの楽曲に関しては、に対してその大きい部分を占めているのがリュウヘイで、彼のテイスト、邦楽という部類には当てはまらない身のこなし、歌いこなしはグローバルな部分に押し上げてる重要なところだということです。

リョウキのラップソウタのダンス他のメンバーもですが、大きな部分を占めてるなっていうのがリュウヘイの歌で、BE:FIRSTがグローバルの土俵にいると感じたようです。

Gifted.ギフテッドとは違う、こういう楽曲だからこそK-POPの人たちと被ってる部分があるんだけど、全然真似じゃ無い。

ちゃんとBE:FIRSTとして戦ってる日本から世界へってこういうことなんだってこの楽曲で感じたそうです!

こちらのコメントは、18:10くらいからです!!↓

まとめ

今回、BE:FIRSTのセカンドシングル「Bye-Good-Bye」のMVが公開になり、BESTYもBESTYじゃない人もなんとなくBTSに似ている、マネしてるという方がいたので調査してみました。

「Bye-Good-Bye」のコレオグラファー(Choreography)がノルウェーのQuick Styleという方で、BTSの振り付けを手がけているので、納得です。

とってもかっこいい振り付けです。

また、BTSのダイナマイトのMVに雰囲気・色合いが似ているということも理由のようです。

さきここVoiceのボーカルトレーナー、さきこさんがYouTube動画でその件に触れていたのでご紹介しました。