【かもめ食堂】まさこさんのキノコのシーンが謎!どういう解釈?原作はどうだった?

「かもめ食堂」ファンの間でも謎のシーンと言われている、もたいまさこさん役のスーツケースのきのこ場面。

行方不明になった旅行カバン(スーツケース)が見つかって戻ってきたとき、その中身がなぜかいっぱいに敷き詰められたキノコで、それを見たマサコが意味深な表情をするシーンについてです。

森へ出かけて、嬉しそうにキノコ狩りをしている姿と、何か関係がある?

マサコの意味深なリアクションはどういうこと?

監督の発言、群ようこさんの原作、みんなの口コミから解釈をまとめてみました。

きのこ事件?!の前後のあらすじ

問い合わせるマサコ

マサコは空港かどこかでスーツケースをなくしました。

その割にはそれほど困りきった様子もなく、主人公と知り合いになります。

親を長年看病し、ようやく娘としての責務が終わって旅行に出たことを打ち明けます。

その後ショッピングをしたり森でキノコ狩りをしたり、解放されたようにフィンランド滞在を満喫します。

話の終盤で、ベッドの上になくしたはずのスーツケースを開けるシーンがそのシーンです。

そのスーツケースの中には、森で見かけたキノコがたくさん入っていました。

かもめ食堂のきのこのシーンの監督の意見

このシーンについて荻上直子監督は別に意味は無いと言っています。

映画に不思議な雰囲気を取り入れたかったそうです。

設定としては、もたいさんは森で採取したきのこを、結局どこかに置いて来てしまいます。そのきのこがスーツケースに入って戻って来たということのようです。

“少しだけ意味のわからないものが入っている”のが、監督の好きな映画の趣向だそうで、自分の映画にもその要素を入れたかったそうです。

見た人の想像に任せる」ということですね。

群ようこ子さん原作の「かもめ食堂」のキノコのシーン

カバンを開けるマサコ

『かもめ食堂』は映画の原案が先に書かれ、映画のために群さんが本にされたそうです。

この本でもやはりそのシーンは書かれていません。

そのかわり原作本に書かれていたのは、「森を散歩中に見つけたキノコをカップラーメンに入れて食べてしまい口がしびれて上手く喋れない」というエピソードでした。

スウェーデンでは日本の「松茸」が群生していて、現地の人はその香りを良い香りという人と、あまり良い反応しない人と、マツタケ独特の香りに対する好みは人それぞれ分かれるようです。

解釈はみんな正解

かもめ食堂の原作には、マサコの「スーツケースのきのこ」のシーンは「書かれていない」、そして監督さんも「意味はない」とのことでした。

見る人それぞれが感じ取る物で、みんなが正解なのではないでしょうか。

みんなの解釈・口コミ

カバンにキノコ

ネットではいろんな解釈があり、とても面白かったのでまとめてみました。

深いメッセージはない

  • 余り深く考えなくてもいいかも。
  • 中身が入ってなかったりやガラクタに変わっていたら中身は盗られたことになる。災難にあったとなると意味が変わってしまうから、キノコになったのかも。
  • 重さを調整するためにキノコが詰められていたのかも。
  • そもそもあのスーツケースは本当はマサコの物じゃなかったのかも。

なにかの比喩

  • 鞄の意味するものが「大事な物」「しがらみ」なのかも 。
  • フィンランドの森の神秘性を表現しているのかも。
  • 開放感を表しているのかも。
  • マサコの心の変化を表しているのかも。
  • 自分が再発見した、楽しさの象徴かも。
介護から解放されたことと何か関連がある
  • ずっと親のために尽くしてきたので、自分が何をやりたかったのか、いま何をしたいのかがわからなくて自分が本当に大切なもの、本当の楽しみを忘れていた。その状況が、「なくなってしまったスーツケース」が表していた意味なのかも。
  • 監督はマサコの喪失感をうめるのにこのエピソードを映画的な演出にあてたのかも。

まさこの妄想

  • まだフィンランドに居るための理由付けの妄想。
  • マサコは不思議なキャラクターなので、彼女の心情を象徴的に描いてるのかも。

本当に探していた大切なものを見つけた

  • 本当に大切なものを映像で表すのにキノコに例えたのかも。
  • 不必要な荷物は持つことはありませんよと言っているのかも。
  • かもめ食堂の人たちとの交流で、無くしたカバンの存在は小さくなり、いざ見つかってみると「たいしたものじゃなかった」と思えてしまうくらいになっていたのかも。
  • 森で拾ったきのこみたいなものでも、あればやっていけるみたいな事を言いたかったのかも。

ムーミンがやった説

森にはムーミンがいそうだからムーミンがやったのかも。

まとめ

「かもめ食堂」ファンの間でも謎のシーンと言われている、もたいまさこさん役のスーツケースのきのこ場面について、監督・群ようこさんの原作・ネットでのみんなの口コミをまとめてみました。

監督さんは「意味はない」、映画の原案のあとに書いた群ようこさんの原作には「スーツケースのキノコのことは書かれていない」ということで、見る方全ての人の解釈が正解でした。

みんなの興味深い口コミ、解釈をご紹介しました。

現在かもめ食堂が見られるのは、Hulu、Amazonプライムビデオ、U-NEXTです。

※U-NEXTは12月23日 23:59まで

U-NEXTを31日間無料お試ししてみる

Huluで2週間無料トライアルしてみる

Amazonプライム・ビデオで見てみる