【ダイソー】百均の香り玉の作り方〜実験してみた

ダイソーの自由研究キッド「カラフル香り玉をつくろう」を買って、娘と匂い玉を作って実験をしてみました♪

実験といっても、作り方はとても簡単です。

対象年齢は8歳以上です。

実際に作った香り玉はこちらです。

そしてできたのが、こちら

キラキラしていてカラフルでとっても可愛い♪

わたし

空き瓶に入れただけで、可愛いインテリアに。

お水と吸水ビーズとマスコットを入れるとまた違った可愛さが!

ちなみに、小さいころ流行った「香り玉(匂い玉)」とは違います。

ぷにぷにしていて、1センチ以上あります。床に落とすと、スーパーボールほどではないですが跳ねます。ジェルボールのようです。

この実験でわかること

  • 吸水ビーズのしくみ(ポリアクリルさんナトリウムの成分や構造)
  • 光の屈折率の違いでわかる現象。

文字にすると難しそうですが、実際に実験してみると簡単に理解できます。

吸水ビーズを使って2つ実験してみました。

吸水ビーズのしくみ

色とりどりできれいな吸水ビーズ。水を吸うとビーズは大きくなります。

吸水ビーズはポリアクリル酸ナトリウムという成分でできています。

この成分の構造(網目の間に水分を取り込んで膨らむ性質)を生かして作られるものに

  • 紙おむつ
  • 保冷剤

などがあります。

「身近なところでも使われている」ということがわかればOKです♪

実験の準備

キッドの他に、こちらで用意するものはお水・プラスティックのコップ・空き瓶・アロマオイルです。うちはプラスティックではなく紙コップを使いました。

実験①(簡単)

  1. 3つのコップにそれぞれ水を150ml入れて、アロマオイルを数滴入れる。
  2. コップに、赤・青・黄の吸水ビーズを半分入れる。
  3. 吸水ビーズが1、5センチくらいになったらアロマ水を捨てる。
  4. 瓶に移し替えて完成!

吸水ビーズがアロマ水を吸っていく様子を30分ごとに観察してみました。

30分後
30分後
30分後

残ったビーズをそれぞれ、冷水とぬるま湯に入れて吸水スピードを観察してみてもいいですね。

追加実験:消えるビーズのなぞ

「光の屈折率の違い」の実験をします。

水の入ったふたつのコップに、透明なビー玉と、膨らんだ吸水ビーズをそれぞれ入れるとどうなる?

実験結果

水の中に透明なビー玉を入れても、ビー玉の形ははっきりみえるけど

吸水ビーズの方は、水に溶けたように見えなくなってしまう。

理由

ガラスと水では、光を屈折させる加減が違うから目に見えるけど、吸水ビーズはほとんどが水。

屈折率がほぼ同じだから、水の中の吸水ビーズは目に見えなくなってしまうのです。

入浴剤の中に入っているマスコットを吸水ビーズと水の中に入れてみました。

浮いているように見えます!

※そのままにしておくと、ビーズが水を吸って瓶から溢れ出てくるので注意です。

この実験キッドの注意

絶対やってはいけないことは、ビーズを飲み込んでしまうこと。

飲み込むと体内で膨らんで、腸閉塞をおこしたり重症化する恐れがあります。

小さい子のいる家庭では使用しないでください。

まとめ

ダイソーのカラフル香り玉を作っておうち実験をしてみました。

実験でわかったことや、作り方などを紹介しました。

実験した感想としては、実験2の溶けたようにみえるビーズに驚きました。

実験後も、瓶に入れてインテリアのように飾れます。カラフルで可愛いです。

注意点は、食べてはいけないことです。

娘には絶対食べちゃダメと言い聞かせ、一緒に楽しく作れました。

まだ光の屈折率などの説明は難しいとおもいますが、水を吸収して膨らむこと、光の屈折で溶けたようにみえることは分かったと思います。

百均の自由研究キッドで、コスパよく娘と休日を過ごせました。

ぜひ機会があったら試してみてください♪