【楽天銀行】ワンタイム認証に使っていたキャリアメールがない場合の対処法

楽天銀行は、セキュリティの問題でワンタイムパスワード認証にフリーメールが推奨されません。

ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に変えたり、auからahamo(アハモ)に変えたら、キャリアメール(携帯メールアドレス)が使えなくなってしまった

このように、銀行登録時のキャリアメールが必要だけど無くなってしまった場合、どんなメールアドレスを使ったらいいのかの対処法をご紹介します。

また、ネット銀行の登録でフリーメールしかない場合の方も参考にしてみてください。

楽天銀行に登録するキャリアメールがない場合

GmailやYahooなどのフリーメールは、楽天銀行ではワンタイム認証が非推奨です。

楽天銀行では、取引の安全上、以下のようなワンタイム認証用メール設定を推奨しています。

  • 携帯メール:ワンタイム認証用メールアドレスとして、登録を強く推奨いたします。
  • プロバイダメール:ワンタイム認証用のメールアドレスとして利用可能です。
  • フリーメール:ワンタイム認証用のメールアドレスとして推奨いたしません
  • フリーメールしか持っていない場合、2番目のプロバイダーメールという選択があります。

    プロバイダーメールなら、推奨しない→利用可能となります。

    プロバイダーメールとは

    プロバイダーメールというのは、インターネット接続サービスを提供しているプロバイダーが運営しているメールサービスのことです。

    例えば、So-netやau one net、BIGLOBEとかOCNとかがありますね。

    プロバイダーは、インターネット接続サービスを契約しているユーザーに無料でメールサービスを提供しているのが一般的です。

    私が使ったのは、Outlook.comのOutlook(アウトルック)メールです。

    これは、マイクロソフトが提供する無料の個人用メールサービスです。

    Outlook(アウトルックメール)を作る方法

    1. Outlookにアクセスする。
    2. アカウントの作成→新しいメールアドレスを取得
    3. 好きな英数字を入力
    4. パスワードを作成
    5. ロボットではないことを証明するためのクイズに回答
    6. 終了

    実際にスマホで作ってみましょう。

    「アカウントを作成しましょう」をクリック。

    新しいメールアドレスを取得をクリック→次へ

    好きな英数字を入力→次へ

    パスワードの作成→次へ

    ロボットでないことを証明するクイズに答える。

    終了です。

    まとめ

    携帯の乗り換えなどで、楽天銀行のキャリアメールが使えなくなった場合の対処法をご紹介しました。

    キャリアメールが無くても、プロバイダーメール、Outlook.comという方法がありました。

    Outlookメールの作り方も合わせてご紹介しました。

    ぜひお試しください♪

    スマホからもアウトルックメールが見られますよ♪