【BTS】ホルモン戦争(War of Hormone)のリリースはいつ?当時のメンバーの年齢は?

BTSにハマるきっかけとなる人も多いこちらの曲、ホルモン戦争(Wor of Hormone)。

BTS公式Facebook

リリース時期、気になるメンバーの年齢、その他ホルモン戦争にまつわる色々を調査してみました♪

Wor of Hormone「ホルモン戦争」のリリースはいつだった?

BTS公式Facebookより

BTS(防弾少年団)のデビューから約1年後の2014年8月20日「DARK&WILD」の収録曲として「War of Hormone(ホルモン戦争)」がリリースされました。

ホルモン戦争リリース時 BTSのメンバーの年齢は?

BTS公式Facebookより

さて、MVやライブ動画で見るとめっちゃ若い彼ら。

ホルモン戦争リリース時のメンバーの年齢が気になりますよね。

ホルモン戦争(DARK&WILD)がリリースされた、2014年からメンバーの誕生日(西暦)を引く、メンバーの当時の年齢がでます。

韓国の年齢がわかる計算機はこちら

ホルモン戦争リリース時のメンバーの年齢はこちらです▼

防弾少年団:メンバー満年齢(日本)韓国の年齢誕生日
ジン(JIN)21歳23歳1992年12月4日
シュガ(SUGA)21歳22歳1993年3月9日
ジェイホープ(J-HOPE)20歳21歳1994年2月18日
RM(ナムジュン)19歳21歳1994年9月12日
ジミン(JIMIN)18歳20歳1995年10月13日
V(テテ)18歳20歳1995年12月30日
ジョングク(JK)16歳18歳1997年9月1日

グクの若さと歌詞

グクは9月生まれで、リリースが8月だったので、まだ16歳(17歳の年)でした。

顔も声もまだ初々しくて、歌い出しの音程の取り方とかが今聞くとまだ不安定で本当に愛おしい感じです。

グクが歌う歌詞に「18だし大抵は I know」というフレーズが入っていて、みんなきゃーってなりました。18だから大抵のことは知っているって、何を知ってるの?となりますよね。w

20になって、「20だし大抵はI know」と歌い替えてて、もっとサイコーと話題になりました。

この頃の若いグク・テテさんは本当に貴重ですね。

https://twitter.com/BTS_0613_hplife/status/869865644929327105?s=20

ホルモン戦争のテテの飴とパフォーマンス

テテは、2014年2月に高校を卒業したあとのリリースになりました。

センターで飴を舐めながら、やんちゃに踊って歌うテテがかっこよかったですよね。

毎回飴をくわえながらのパフォーマンス、こういうのってなかなかないので、テテの飴=ホルモン戦争ですよね。

梨泰院でのコンセプトフォト撮影も素敵でした。

公式Facebookより

パフォーマンス以外のときのあどけない表情はまだ18歳の少年ですね。

https://twitter.com/karubonara_Army/status/1365850000849182726?s=20

このチャラチャラした感じが年相応で、若くてかわいいという印象のホルモン戦争のテテくんです。

BTSの初期の頃は、若さもありオラオラしている感じが結構ありますよね。

テテのイケメンぶりが発揮されたこのホルモン戦争のMVで、ファンの間で話題になった衝撃のシーンがありました。

ホルモン戦争MVで女性がテテに抱きつくシーン

War of Hormoneの最後のシーンです。

曲の流れで最後、Vに女性が抱きつく演出がありました。

このシーンで女性はだれ?台本にあったの?などと話題になりました。

テテファンは見ていて嫉妬しちゃいますよね。

MVの女性は誰?グクのいとこ?

ハン・アソンさんというお名前でした。

とてもスタイルがいい美人さんですね。

韓国の元女優さんで、現在は釣り系のYouTuberさんをしているようです。

han_a.sunというインスタアカウントです。

YouTubeはこちら

https://twitter.com/rino_rino43123/status/653186158516531200?s=20

仲良さそうですよね。

グクさんといとこという噂がありますが、違うという意見もあり、残念ながら真相はわかりませんでした。

ホルモン戦争の意味は?War of Hormone読み方は?

「ウォー オブ ホルモン」

とよみます。

きれいな女性に目を引かれて、ホルモン作用で胸がときめく」と言ったような曲です。

BTSのRM(ナムジュン)、SUGA、J-HOPEが曲作りに参加しました。

始まりは、「ピローンピローンピローン」と任天堂のマリオのような電子音が印象的です。

いつの間にか「ハローハロー」とか「チェゴー(最高!)」とか口ずさんでしまうようなメロディーループと、前向いたり後ろ向いたり、右行ったり左行ったりするダンスに目を奪われて、中毒になる曲です。

楽しくて自由奔放なステージがみどころです。

BTS公式Facebook

グクがユンギ(シュガ)を軽々と担ぐシーンや、ジンのやんちゃな演技から見える品の良さも話題です。

BTS公式Facebook

何よりホビ(Jホープ)のラップがすごくかっこよかったです。

ホルモン戦争で問題になった歌詞

公式Facebook

ホルモン戦争の歌詞で、女性蔑視とか不適切だとされる部分があったようです。

「女は最高の そんむりや そんむりや 선물이야 선물이야 贈り物だ 贈り物だ」

「女は最高の贈り物」という表現が、ジェンダーレス社会の批判の対象になったようです。

(前略)防弾少年団は大衆文化のトレンドを生み出すアイドルグループの一員として、メンバーたちの発言や行動などが多くの人と社会に大きな影響を与えかねないと認識しております。(後略)

bighit

こちらは、公式ファンコミュニティで公式謝罪しました。

日本語歌詞のスーベニアの意味は?

ホルモン戦争の日本語バージョンでは、ノップニア(韓国語で意味は君だけだよ)部分をスーベニアにしてます。

日本語に訳すと、「お土産」とか言った意味になります。ただ、これじゃ意味わかりませんよね。

個人的な考えですが、リズミカルな曲調の「素敵な素敵な」のあとなので、「ス」で韻を踏む感じで「スーベニア」にしたのかなと思いましたが、調べてみると、この歌詞には特に意味がないようですね。

ホルモン戦争:韓国語のアルバム

ホルモン戦争が収録されているアルバム「DARK&WILD」2014年8月20日発売でした。

日本で発売された韓国語のアルバム

THE BEST OF 防弾少年団 -KOREA EDITION-は、2017年1月6日に発売されました。

こちらは、韓国語の収録曲しかないにもかかわらず韓国では発売されず、日本で発売されました。

その理由に、日本の音源サイトにBTS(防弾少年団)の曲の音源が入らなかったから、という説があるようです。

THE BEST OF 防弾少年団 -JAPAN EDITION-も同じく2017年1月6日に発売されました。

日本語の歌だけが入っています。全14曲収録で、こちらも韓国では発売されませんでした

日本語バージョン

日本語バージョンが入っているホルモン戦争は、2015年6月17日に発売されました。

アルバム「FOR YOU」に入っています。

ホルモン戦争のハロウィンの仮装

2014年にリリースされたホルモン戦争ですが、その年のハロウィンは、メンバーそれぞれコスプレをして「War of hormone in Halloween」としてYouTubeで上がりました。

クオリティが高くてびっくりです。

それぞれのキャラに合わせたダンスをしているのが面白いです。

BTSメンバー:誰が何の仮想をしている?

ジンジャックスパロウ
シュガチャッキー
RMドラキュラ
Jホープパピヨン
ジミンチャップリン
テテジョーカー
ジョングク死神

話題になったのは、やはりテテのジョーカーですね。スタイリングがかっこいいとなりました。

私はグクの死神になりきってる感じがよかったです。

まとめ

リリース時期、気になるメンバーの年齢、その他ホルモン戦争にまつわる色々を調査してみました。

ホルモン戦争(War of Hormone)は、「DARK&WILD」というアルバムに収録された曲で、2014年8月20日にリリースされました。

当時のメンバーの年齢は、日本年齢で満16歳から21歳という若い年代でした。

マンネラインはまだ高校卒業したて以下ということで、このホルモン戦争の「きれいな女性に目を引かれて、ホルモン作用で胸がときめく」というテーマがマッチしていました。

ホルモン戦争ではテテやグクが特に話題になりました。梨泰院で撮った、メンバーのキャンディや風船ガムなどのコンセプトフォトも、とても若くて魅力的でした。

グクの歌詞、テテの飴パフォーマンスや、MVでテテに抱きつく女性は誰か、ホルモン戦争の意味や読み方、歌詞や謝罪の件、ホルモン戦争のアルバムについて、ハロウィンのコスプレ衣装の動画などもご紹介しました。