強引なハウスメーカー営業への不信感から解放。中立サービスのすすめ。

家は人生でも一番といっていいくらい、大きな大きな買い物です。

営業に焦らされたり、急に自宅に来られ契約を迫られたりして買うものではないですよね。

それが、数年前私はそんな感じで強引に家を買わされそうになり、疲れたしトラウマとなっていました。

結局は住宅メーカーの営業さんへの不信感から、直前で購入を断念しました。あの時もし買っていたら、と考えると恐怖です。

住宅メーカーの営業さんへの不信感は、絶対無視できない感情です。

そんな時に、知り合いに中立なサービスの存在を教えてもらいました。

どうやってハウスメーカーを決めたの?

ハウスメーカー,決定

私は最近すてきな家を建てた知り合いに、何気なく聞いてみました。

「家決めるのってすっごく大変じゃない?いろんなメーカーがあって。どうやって住宅メーカーを決めたの?」

そうしたら、建築会社を仲介してくれる業者にお願いしたとのことでした。

家を決めるのが楽しい

多くの住宅メーカーの中から自分たちの希望を書いたシートを送ってもらって、そこから「お家を建てられる」というメーカーが名乗りをあげます。その中から、オリエンテーションやプレゼンテーションを経て、1社に絞っていったそうです。

でもそれって色々気を遣って大変じゃない?と聞くと「色々比較検討できて、楽しかった」というのです。

住宅を決めるのに、楽しいことってあるの?と正直ちょっと信じられませんでした。

だって、展示場で住所なんか書いてしまうと営業の電話やら突然の訪問、アンケート、工場見学、イベント案内など盛りだくさんに届きますからね。

他社と比較しようものなら、焦らせたり値引きしたり強引に営業活動をしてきます。

保険の窓○とかのように、利率のいいところを紹介するとか、また個人的に営業の電話がかかってきたりするんじゃない?と。

でも、その仲介業者は中立で、営業行為は一切ないとのことでした。

気になってホームページを検索して、そのあとしばらく経ってからその仲介業者に連絡を取りました。

私たちの選んだ仲介業者

私たちの選んだ建築会社の仲介業者は、設計コンペをやってくれるところでした。

我が家の家を決めるまでの流れはおおまかにいうとこんな感じです。

  1. 私たちの理想のすまいの希望を書いたシート(あらかじめ用意されたもの)を各業者に送ってもらう(トラウマのあるハウスメーカーは除外してもらった)
  2. その中から10社ほど候補が上がり
  3. 私たちと仲介業者さん(設計)との相談で4件まで絞る(その間も営業行為なし)
  4. 4件のオリエンテーション、プレゼンテーションがあり(電話も直接かかってくることも無し)
  5. 仲介業者(一級建築士)の採点が入り、最終的に自分たちで建てたい会社を1社選びました。

そして今は無事、納得いく工務店と契約できました。

うちは、私と夫の希望を盛り込んだプレゼン(設計)をしてくれた工務店に決めました。もちろん、予算以内におさめてくれていました。

その仲介業者があったから、どんな家にしたいのか、どこにこだわっているのか、どんな暮らしがしたいのかを一緒に相談しながら進められたし、心強かったと感謝しかないです

ファイナンシャルプランナーさんも紹介してくれたので、同時進行で打ち合わせできました。

過去のトラウマ(営業への不信感)

ハウスメーカーの営業,不信感,

思えば、自分たちだけで展示場を回ったりして家を探していた頃は、色々ありました。

  • 身内に口出しされて迷っていたところ「(契約)決めちゃった方がいいですよ。」と言われ、逆に不信感。(施主のためなら、「良く考えて結論出してください。」が正解じゃ?)
  • 小さい子が居て、展示場内の遠いトイレに行かせたり色々お世話しているうちに、私だけ話が聞けずに営業はひたすら夫だけに話しかけていた。(私は何?)
  • すぐ工場見学会や完成現場に行かせる。(もう疲れたよ。)
  • 特別なお食事会に招待される。接待?(断りづらい。)

仲介業者を入れるメリット

  • なんでも相談できる。
  • 営業されない。
  • 主導権はこっちにある。
  • 断ってもらえる。

最大限に仲介業者を利用する

最大限に仲介業者を利用するのには、こちら側の準備も必要です。

自分の好み、間取り、どういう家にしたいのかを具体的にちゃんと悩むとあとあと楽です。(家族がいる人はそのパートナーともちゃんと話し合う。)

色々教えてもらえる

どんなハウスメーカー、工務店さんに建ててもらうか、設計してもらうか選ぶ基準を仲介業者の方に教えてもらいました。

なんでも話せる、なんでも聞ける営業さんに決めること

確かに!その通りでした。

疑問点やこうしたいけどできるか、などちゃんと答えてくれる信頼できる業者がいいと教えてくれました。当たり前のようですが、気軽に質問できない営業さんていますよね。

また、考えれば考えるほど出てくる間取りの変更、仕様の変更(期間内で)などもできる限り対応してくれる方の方がやりやすいです。

身なりが良くて頭が良さそうな営業さんでも、こちらの言ってることに対して、ちゃんと答えられてなかったり、マニュアル通りにしか動かない方だと不信感が残ります。

間取りは、図面を見ながら実際に歩いてみるといい。

実際に今いる家で図面を見ながら歩いてみると、意外な発見があったり、動線的にどうかなと行った部分も見つかりました。

仲介業者の人にも、住宅メーカーや工務店の人にも、なんでも相談して聞いてみた方がいいと思います。

こちらのいいところは、やはり中立のサービスというところです。

こういった中立のサービスを、身近でいい住宅関係の仲介業者がないかググったり、口コミをみたりしてもいいですね。

地元の優良工務店、メーカーなども紹介してもらえるかもしれません。

全国的に有名な仲介業者

全国的に有名なのは、LIFULL HOME’S (ライフルホームズ)住まいの窓口です。

ハウジングアドバイザーが希望の条件を整理して、希望にあった建築会社を紹介してくれます。

  • 店舗相談
  • ビデオ通話相談
  • 講座

などを無料でやってます。

【ホームズ】住まいの窓口。住宅購入を無料でサポート

なぜ無料でできるのか、というと「不動産会社から紹介料をもらって運営している」からです。

まとめ

過去のトラウマから、住宅メーカー・ハウスメーカーの営業さんから強引でしつこい勧誘を受けたり、突然家にやってきたりという不信感があり、家作りに消極的になっていました。

そこで出会った、中立のサービスの業者さんのおかげで私たちは理想の家を決めることができました。

営業さんに不信感を抱いている方、一度中立のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。