* 記事内に広告が含まれています

【スキズ】CASE143の「143」の意味は?

Stray Kids

スキズ(Stray Kids)の曲で2022年10月にリリースされた「CASE143」という曲の143の意味についてです。

数字が羅列されている意味や読み方などについて紹介します♪

【スキズ】CASE143の「143」の意味は?

143 → I (1文字)  LOVE(4文字)  YOU(3文字)

「I LOVE YOU (愛してる)」のアルファベットの文字数を意味しています。

この暗号「143」は、I love you(愛してる)という意味の海外のスラング(俗語)なんです。

他の143もある?

「I hate you (嫌い)」の143というスラングも派生しているようですね。

831のI LOVE YOUもある?

英語圏では、8文字からなる、3つの単語で並んだ1つの意味になる言葉として、831という数字を使うこともあります。

8文字:(ILOVEYOU)

3つの単語: (I LOVE YOU)

1つの意味 あなたを愛している。

CASE143の意味

CASEは「事件」です。

CASE143は、恋をして、初めて感じるその感情に対する混乱を「事件発生」と例えているスキズ初のラブソングです。

それまでのかっこいい曲からまた違った曲調で、アイドルらしい愛嬌があるこのCASE143のファンは多いんですよね。

特に日本ではこのCASE143のMVの再生回数が多く、2023年の紅白歌合戦にはスキズが初出演してCASE143を歌いました。

CASE143の143の読み方は?

スキズのファンは、「CASE143」を3パターンの読み方でよんでいます。

  • 韓国語:ケースイルササム
  • 日本語:ケースいちよんさん
  • 英語:ケースワンフォースリー

ちなみに筆者はケースワンフォースリーとよんでいますよ。

今回は、CASE143の143の読み方をご紹介しました。

Stray Kids
シェアする
nosuyoをフォローする
おかいもの忍者ブログ
タイトルとURLをコピーしました