ダスキンやクイックルワイパーからお掃除ロボットに乗りかえた♪ディーボット オズモ スリム10を1年3か月使った感想

ローソファの下を掃除してくれるお掃除ロボットを探して、エコバックスのディーボット オズモ スリム10を購入しました。

初めて買ったお掃除ロボットでしたが、使って早1年3か月経ちました。

使用感など、良かったところと悪かったところなど、正直な感想を書いていこうと思います。

よかったところ

ダイニングテーブルの下がきれいになる

我が家は小さい子がいるので、食事のあとすぐ床が汚れます。大きな食べこぼしを手で取れば、あとはディーボットにお任せです。これでストレスが少し減りました。

玄関で落ちない

今まで落ちたことは無いと書きたいところでしたが、一度だけ落ちたことがありました。

それは玄関にスリッパを置いたまま外出した時、スリッパごと落ちていました。

それ以来、ディーボットをして出かけるときは玄関のスリッパを片付けてから行くようにしています。

本体のお手入れをそこまでしなくても動く

掃除が好きな人の中には、掃除機本体を別の掃除機できれいに吸い取ったりと、掃除機のお手入れをしっかりする人もいます。

でも私はあまりマメな方ではないので、ごみを捨てることとモップを替えること以外の掃除を今までしてきませんでした。パーツを洗って乾かそうと思ったりもしましたが、現在に至ります。

このお掃除ロボットがタフなのかはわかりませんが、ほぼ毎日使っていますが、壊れていません。(本当はダメですよね。説明書どおりにメンテナンスした方が間違いないです。)

ソファやベッドの下も掃除してくれる

当たり前のことなんですが、これがすごくありがたいです。

うちのローソファは微妙な高さで、掃除がとても大変でした。クイックルワイパーとダスキンのモップをそれぞれ試してみましたが以下の理由で続きませんでした。

  • ダスキンはサブスクで高い。
  • クイックルワイパーはドライシートが高くてもったいない。

ロボット掃除機を購入するときは、床からソファの足の長さを測って、ちゃんとソファの下を通れるくらいのスリムなこの商品を選びました。そのかいあって、ちゃんときれいに掃除してくれます。ベッドの下も、すぐほこりで汚くなるので助かります。

スペアがある

買った時、クリーニングモップとスポンジフィルターと高性能フィルター、サイドブラシの替えがありました。

今交互に使っているのはクリーニングモップです。片方を使ってるときに、もう片方を洗って乾かしています。

サイドブラシとスポンジフィルター等はそろそろ交換しようかと思っているところです。(まだ使えますが。)

頑張ってくれているので愛着がわく

出かける前にスタートさせて、家に帰ってくると、ちゃんとドッキングステーションに戻っているので、「頑張ってくれたな」という感謝の気持ちから愛着が湧きます。

家にいて動かしているときも、ふいに声をかけたりしてる自分がいます。

悪かったところ

レビューをみて買いましたが、想定内のものから想定外のものまで書いてみます。

テレビを見るときはうるさい

見たいテレビを見るときに使っていると、音が気になってうるさく感じます。

別の部屋で掃除させるとか、出かけている間に掃除させる分にはいいと思います。

コード類は絡まる・椅子は確認

あらかじめディーボットが通るところを片付けないと、特にコード類は絡まってしまいます。

私はテレビ線のコードの前にゴミ箱などを置くということをしていましたが、テープなどでコードを浮かせてしまうのも手だと思います。


また、椅子の足の幅によっては挟まって動けなくなることがあるので、事前にチェックしてディーボットが通れるように移動しておくことが必要です。

あらかじめ、通りそうなところを片付けてからお掃除ロボットを走らせるので、部屋はその時点でわりとスッキリします。

固まった汚れはとれない。

固い汚れや古い汚れは落ちないです。集中モードで何度も行ったり来たりすればとれる汚れもあります。雑巾で軽く水拭きした感じです。

普段のお掃除なら問題ないです。

段差でごみを落としていく

ダイレクト吸引なので、吸い込みはいいのですが、段差でゴミを落としていくことがあります。

キッチンを掃除したときに、お米が落ちる確率が高いです。

「あら、また落としちゃったの?」と拾っています。愛着が湧くので、ちょっとハードルが下がっています。

カーペットに乗り上げる

カーペットを内側に丸めて段差を作っておかないと、乗り上げて止まるか、そのままモップがけしちゃいます。

家にいるときに使うと気になってしまう

ディーボットに気を取られると、掃除の仕方が気になってしまいます。掃除モードは3種類ありますが、正直自分で掃除機をかけた方が早い場合もあります。

それなのに、どうしてもディーボットに吸引させたくて、吸引して欲しいところに行くまで仁王立ちで見つめるというタイムロスがおこります。

ディーボットこんな人におすすめ

  • 帰ってきて、見た感じきれいになっていればいいという人
  • 完璧を求めない人

もっといいタイプのお掃除ロボットが出ていると思うので、完璧を求めている方にはおすすめできません。

1年前買った時は3万ちょっとで1,000円のクーポンを使って買いました。今はオズモ スリム11が2万切ってます。

まとめ

ディーボット オズモ スリム10を1年3カ月使った感想を書きました。

適度にきれいにお掃除してくれるので毎日のお掃除がすごく楽になりました。

段差でゴミをこぼしたり、スタートボタンを押す前にディーボットの通り道を片付けなければならないなど面倒なこともあります。

でも頑張ってお掃除してくれるので愛着もわくし、今では私の相棒となっています。

スリムなので、ソファの下やベッドの下もすいすいゴミも取って雑巾掛けもしてくれるのは本当にありがたいです。壊れるまで使おうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。