【モルディブ】アイランド・ハイダウェイ・アット・ドナクリ・モルディブ へのハネムーン旅行

JALパックアイルでモルディブ8日間、アイランドハイダウェイに新婚旅行で行った記録です。(2007年10月20日から8日間)

まずはモルディブについてです。

モルディブってどこにある?

国名はモルディブ共和国。インドの左下の方にあります。

リゾート地
1000をこえるサンゴ礁でできた小さい島の集まりです。
1周15分くらい。サンゴ礁に囲まれた島にひとつリゾートがあります。

モルディブへの飛行機

スリランカ航空機内
  • シンガポール航空
  • マレーシア航空
  • スリランカ航空

私はスリランカ航空で、コロンボを経由して首都マーレにいきました。

機内ではハネムーンケーキが出ました。

コロンボ空港では自分たちで乗り継ぎました。

マーレで税関検査のあと、出口で係員が待っていました。

その後、マーレから国内線航空機とスピードボートを乗り継いで、アイランドハイダウェイに到着しました。

飛行時間

マーレ

成田からコロンボまで9時間、コロンボからマーレまで1時間25分かかりました。国内線に乗り継いで約1時間。さらにスピードボートで30分かかりました。

計約12時間。成田を昼過ぎに出て、夜遅くにリゾート地に到着した感じです。

アクシデント

スピードボートに乗るときに、私たちのスーツケースの一つが別のリゾートに行ってしまいました。

夜遅かったので、その日のうちに荷物が返ってこなくて相当ショックでした。でも次の日の朝、ちゃんと戻ってきてカバンの中身もそのままでほっと一安心しました。

アイランドハイダウェイ

アイランドハイダウェイ・アット・ドナクリ・モルディブ・スパリゾート&マリーナは、最北のハアア・アリフ環礁にあります。

ドナクリレジデンス

ドナクリレジデンス

私たちの泊まったのはシーフロントのドナクリレジデンス。敷地が広く二階建てで、ジャグジー付き。プライベートガーデンにはブランコがついていてそこで昼寝したりしていました。家の前にはすぐ海があって、いつでも入れます。

夜は二階のバルコニーソファで星をみました。

流れ星が落ちそうなくらいに流れて、素晴らしかったです。

ハネムーナーへのサービス

 

  • シャンパンボトル(部屋にひとつ)
  • ベビー・ウェディングケーキ(部屋にひとつ)
  • キャンドル・ライト・ディナー(滞在中1回)
  • サンセットカクテル(滞在中一回)
  • カップルスパトリートメント(50分)
  • ジャングルランチ(滞在中1回)

 

バトラー

島の中はバギーで移動します。

アイランドハイダウェイといえば、バトラーさん。私たち専属のバトラーがいて、頼むと何でもしてくれました。

日本ではチップを払う習慣がなく、最初戸惑いましたが、チップをはずむとよりサービスがよくなりました。

言葉

ぼやけていますが

Dhivehi(ディベヒ)語が公用語です。リゾートでは英語が普通でした。

食事

ドラゴンフルーツ

ジャングルランチが天候悪化でなしになり、こちらの水上ヴィラでのランチになりました。

こういう特別な場所でセッティングされたランチは気分的にも最高でした。バナナが恐ろしく甘かったです。でもインスタ映えする写真が撮れました。

料理はどれも普通に美味しかったですが、最後の夜はメニューになかったフレンチフライを頼んだら、出てきて嬉しかったです。

体験したこと

ドーニを作る場所
  • ボートトリップでシュノーケリング

ダイビングセンターに行きました。みんな滞在している人で希望者が集まり、船で深いところまで行きました。私は帰りに船酔いしてしまって、大変でした。シュノーケル自体は楽しかったです。

  • バトラーさんの家に行って、現地案内してもらいました。

スピードボートでバトラーさんの島へ。家族などにも会ったり、現地の生活の様子、食べ物、食べ方などを教えてもらいました。ドーニを作っているところも見せてもらいました。リゾート地の裏側が見られて、特別な体験でした。

お金は、空港やリゾートなどではUSドルですが、この島でお土産を買ったとき、おつりはモルディブルフィアRfでした。

困惑したこと

  • ドナクリレジデンスはトイレとシャワー・バスタブが半屋外にありました。木に囲まれていましたが、屋根が無いので気分がさわさわしました。トイレもシースルーでした。ある意味、解放感満載でした。
  • 意外と蚊が多く、「武士」という名の殺虫剤が置いてありました。私は大丈夫でしたが、刺されやすい夫は刺されていました。
  • 日本語が喋れるフタッフが(たまたま?)いなかったので、つたない英語で話しました。JALのコンダクターの方から連絡があった時は、ほっと一安心しました。

天気

10月はぎりぎり雨季でしたが、スコールに降られたのは一回。ちょっと風が強い日もあり、帽子が飛ばされたりもしました。基本は晴れていていいお天気でした。

今は、雨季も乾季も不安定のようです。その時の運任せというのもありですね。

モルディブは退屈?

水上レストラン

8日滞在しました。初日はアクシデントがあったり、慣れてなくて色々分からず何をしたらいいのかちょっと戸惑いました。

でもその日の夜、二階で寝ころびながら見た、こぼれおちそうなくらいの流れ星がキレイで感動しました。

自転車で小さな島を散策して、きれいなスポットをみつけて。海を独り占めするかのようにただただ眺めて。寝そべって、シュノーケリングして、食べたくなったら食べて、眠くなったら寝て。暑くなったらまた海にいって。海を眺めながらトロピカルジュースを飲んだりしました。「何もしない贅沢」とはこのことでした。

おしゃれしてサンセットカクテルに行ったり、カップルスパに行ったり、キャンドルライトディナーに行ったりしました。

また、運動をしたくなったらテニスやビリヤードもしました。部屋でDVDもみました。

私はこのような滞在にもう少し居たい、永遠に居たい気分でした。でも残念ながら、旦那さんの方は初海外だったせいかホームシックにかかってしまいました。

ヨーロッパなどのツアー観光の方が向いていたのかなと今では思います。

非日常を楽しめるか、退屈してしまうかは性格やタイプにもよるので慎重に検討してみてください。

プライベートビーチ
ドナクリレジデンスの入り口
水上スパの入り口
朝食
下がさらさらの砂

音楽

部屋の音楽はDhoniがかかっていました。

海から帰ってくるとエアコンが涼しくて、最高の気分でした。

上のCDは「ZERO DEGREE ATOLL」というアルバムで、帰国後モルディブの情報誌のプレゼントで当選したものです。

 

お土産

バトラーさんに、ドーニの木彫りの船をお土産にいただきました。

私たちがお世話になったこのバトラーさんは若干20才ですが、結婚していました。ちなみにモルディブでは一夫多妻制のようです。

モルディブのお土産は、あまり無くて困りました。マーレでお土産探しをしましたが、モルディブの絵が書いてあるTシャツやサーフィンの置物。紅茶のセットなど。店員さんの売り込みがすごかったです。

ちょこちょこ買いましたが、結局は出国前に見ていたカタログからど定番のチョコなどを選びました。

 

まとめ

帰りの飛行機の中から

帰りの飛行機で、帰りたくなくてシクシク泣きました。

キレイ過ぎました。ありがとうモルディブ♡

毎日の仕事に追われていっぱいいっぱい、たまにはゆっくりのんびりしたいという人には本当に贅沢なリゾート地だと思いました。

特にアイランドハイダウェイは、「隠れ家の島」という意味なので、騒がしいところが苦手な人はゆっくりできると思います。日本人は私たちだけでした。

モルディブのリゾートは、たくさん数がありすぎてどこにしたらいいか迷うと思います。

旅行会社の専門知識をもった人に希望を伝えて相談するのが一番だと思います。

新型コロナが早く終息しますように。

追加:コロナ後、モルディブの今

 

ジャルパックのお買い得!海外ツアー